ボート免許を取得するなら 一般社団法人 広島海技学院

業界で最初に講習団体の指定を受けた団体です。親切・丁寧をモットーにサポートいたします。

一般社団法人 広島海技学院

HOME ≫ ボート免許とは ≫

ボート免許とは

ボート免許(小型船舶操縦士免許)とは

ボート免許(小型船舶操縦士免許)とは
ボート免許(小型船舶操縦士免許)について各種ご案内

免許取得の方法

免許取得の方法
免許取得の方法には、2通りの方法があります。
  1. 国家試験を受験する。
  2. 国土交通省に登録した養成施設の講習を修了する。

当学院は、2.の養成施設になります。
規定の講習時間を受講し、修了審査に合格すれば国家試験「学科・実技」が免除されます。

当学院ではベテランの教員が免許取得まで責任を持って丁寧にご指導いたします。

免許の種類

免許の種類

エンジン付きボートを操縦するには免許が必要です。
免許には、1級、2級、2級(湖川小出力限定)、特殊の4種類があり、操縦するボートの大きさや航行区域によって必要な免許が決められています。

1級
乗組める船舶の大きさ 総トン数20トン未満
航行できる区域 すべての水域
受講年齢 17歳9ヶ月以上
2級
乗組める船舶の大きさ 総トン数20トン未満
航行できる区域 海岸から5海里(約9km)平水区域
受講年齢 15歳9ヶ月以上

※ ただし、18歳未満の方は若年者限定(総トン数5㌧未満限定)が付されます。
(18歳の誕生日になると自動的に限定解除されます。)

2級(湖川小出力限定)
乗組める船舶の大きさ 推進機関20馬力未満
総トン数5トン未満
航行できる区域 湖、川、指定水域
受講年齢 15歳9ヶ月以上
特殊
乗組める船舶の大きさ 水上バイク
航行できる区域 海岸から2海里
受講年齢 15歳9ヶ月以上
一口メモ
総トン数
一般の「船の大きさ」を表す単位で、船のすべての閉囲場所の合計容積から一定の計算式で求めています。
総トン数20トン未満の船を「小型船」と呼んでいます。
※小型船では、船の大きさを長さ(フィート)で表示する場合が多いので、操船できる免許の種類を、パンフレット等で確認してください。
海里(浬)
海で使う距離の単位で、子午線の円の中心角1分に対する地表上の長さのことです。
「1海里は1,852m」に相当します。
平水区域
湖、川、港内、瀬戸内海の大部分を含めた静かな水面です。
ノット
2つの意味があり、1つはロープの「結び目」のことで結び方でボーラインノット等と使われます。
もうひとつは「速力と単位」のことです。
「1時間に航行する海里数」をいい、例えば、30ノットは時速55.56㎞となります。

▲Page Top

講習申し込み方法

定期講習は各講習日程をご覧いただき受講のお申込をしてください。
お友達6人以上集まれば出張講習をいたします。
お気軽にお電話(082-255-8700)でお問い合わせください。
お問い合わせフォームはこちらから

免許取得講習の申込予約

免許取得講習の申込予約
  1. 次のどちらかで資料請求をしてください。
    ・お電話で資料の請求(082-255-8700
    ホームページからの資料請求でお申し込みください。
    すぐに、講習日程表と必要書類が入った資料を送らせていただきます。
  2. 講習日程表をご覧頂き、ご希望の日程をお電話でご予約ください。
  3. 必要書類は、講習開始2日前までにご提出ください。
必要書類
(講習2日前までに提出してください)
受講申込書 1通 案内書に同封のもの

受講申込書のダウンロードはこちらから
住民票 (本籍地記載) 1通
(10ヶ月以内) 本籍地が記載されるように、交付申請してください。
外国人の方は住民票と照合いたしますので、当日、外国人登録証明書を持参してください。
※操縦免許証の住所等、記載事項に変更のない場合は不要です。
写真 (表情等全て同一) 4枚
(4ヶ月以内)
※小型+特殊は5枚
4.5cm×3.5cm(枠無)正面、無帽、無背景のものです。
※サイズの小さいもの、ピントのボケた写真、カラーコピー、インクジェットプリント等は使用できません。
4枚のうち1枚を身体検査証明書に貼付、残り3枚を提出してください。
身体検査証明書 1通(4ヶ月以内) お近くの病院で事前に検査を受けてください。
指定病院はありません(歯科医院を除く)。

身体検査証明書のダウンロードはこちらから
受講料 講習内容の欄にあり
同封の振込用紙で払込み、初日に控を提示してください。
受講料の分割払いを希望の場合は、専用クレジットの申込用紙で講習前日までに利用手続を完了してください。

▲Page Top

当日の持参品

  • 受講料振込みの控
  • 認印
  • 筆記用具
  • 操縦免許証・海技免状(所有者のみ)
  • 三角定規とコンパス(1級のみ)

注意していただきたい点

注意していただきたい点
1.身体検査基準(概略)
視力 両眼とも0.5以上(矯正可) 片眼のみ0.5以上の場合は、0.5以上見える眼の水平の視野が150°以上あること
色覚 夜間において船舶の灯火の色が識別できること(赤・緑・白の三色を識別できること)
聴力 5メートル以上の距離で話声を弁別できること
その他 小型船舶を操縦することに支障のある疾病等がないこと
(四肢の欠損及び運動機能障害等、身体に不安のある方は別途検査が必要な場合がありますので、必ず事前にご相談ください)
2.海技士免状所有者は、「学科講習」・「受講料」の一部免除があります。

▲Page Top

講習内容

講習内容
コース名 学科時間 実技時間 日数(最短) 講料
1級 24時間 4時間 4日間 156,290円
2級 12時間 4時間 2日間 130,430円
進級学科 12時間 - 2日間 46,370円
特殊(水上バイク) 6時間 1.5時間 1日半 78,050円

※進級学科は2級免許所有者が1級免許を取得するコースです。

進級受講料

※新制度では「旧5級」所有者の方を対象に、進級できるようになりました。
各級への進級受講料は下のとおりです。

2級 39,130円
1級 64,960円

▲Page Top

受講料

受講料
  • 受講料は郵便振替で、講習初日までにお支払いください。
  • 払込には専用用紙を使用してください。(払込手数料は不要です)
  • 払込票の控(郵便局で渡されるコピー)は、講習初日に必ず持参してください。

申請

ご自分で申請することもできます。

▲Page Top

お問い合わせ・資料請求のご案内

〒734-0012 広島県広島市南区元宇品町41-18
082-255-8700
[営業時間]8:30~17:30
[定休日]年末〜年始
一般社団法人 広島海技学院 船舶免許取得 〒734-0012
広島市南区元宇品町41-18
082-255-8700
営業時間
8:30~17:30
定休日
年末年始
学院概要はこちら

サブメニュー

モバイルサイト

広島海技学院(小型ボート免許取得)スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら